1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫pardon meの正しい使い方を徹底解析

pardon meの正しい使い方を徹底解析

相手が話しかけてくれたことが聞き取れないときに、pardon meと言うことがよくあります。

pardon meは聞き返すために役立つ表現ですが、正しく使う必要のある表現とも言えるんです!

間違って恥ずかしい思いをしないためにも、pardon meの正しい使い方を調べておきましょう(^^)/

pardon meの意味と使い方

pardon meには、すみませんけど、という意味や気持ちが含まれています。

直訳するとpardon meは、わたしのことを許してくださいという思い意味がありますが、実際にはすみません程度の軽い感覚で使われています。

何かが聞き取れないときにだけ、pardon meを使うようなイメージがありますが、この表現は他のシーンでも使うことができます。

どこかに行く道順を聞きたいときにも使えます。

Pardon me, but do you know how to get to Shinjuku?
すみません。新宿に行く道順を知っていますか。

と言うように使うことも出来るのです。

pardon meを使うことによって、知りたい何かを尋ねることが出来ます。

基本的には、pardon meの後に知りたい内容や文が続くわけですが、pardon me?とだけ言うと聞き取れなかったのでもう一回言っていただけますかという意味合いになります。

pardon meとsorryやexcuse meの違いとは?

pardon meとsorryexcuse meには、どんな違いがあるのでしょうか。

まず知っておきたいのは、pardon meはアメリカ英語でよく使われ、pardonはイギリス英語でよく使われます。

言われたことが聞き取れないときに、どちらも使われます。

注意したいのはイギリスでpardon meと言ってしまうと、ゲップをしたりおならをしたりしたときに使う表現なので、笑われてしまうかも知れません。

sorryはイギリスでは、誰かにぶつかったときに使います。

アメリカでは誰かにぶつかったときとか、誰かにどいて欲しいときにはExcuse meを多用します。

Excuse meはイギリスでは、誰かに話しかけるときなどに使います。

Excuse me, where is the station?
すみません、駅はどこにありますか。

Excuse me, I will be back shortly. Please wait a moment.
すみません、すぐに戻ってきますので少し待っていてください。

このようにして考えると、pardon meはアメリカで、pardonはイギリスで使った方が良い事が分かります。

pardon meとpardonのどっちを使ったら良いの?

もう少し詳しくpardon meとpardonの違いについて、考えてみたいと思います。

pardon meはアメリカ英語で使われますが、比較的高齢の人に使われている印象があります。

とても丁寧な表現であるために、最近の若者達はほとんど使っていません。

目上の人に聞き返したりするときには使える表現となっています。

イギリス英語圏では、Pardonはかなり使われています。

年齢に関係なくPardonは使われていて、イギリス英語を話すニュージーランドでは、sorryよりも使われているのでは無いかと感じるほどです。

覚えておきたい表現として、Pardon my Frenchというフレーズがあります。

これは、そのままの意味は自分のフランス語を許してくださいというものなのですが、実際には汚い言葉や、下品な表現を使ったときにおどけて使われます。

聞き返すときに役立つ他の表現

pardon me以外にも聞き返すときに役立つ表現はありますか。

例えば、このように言う事も出来ます。

What did you say?
なんて言いましたか。

Say that again?
もう一度言ってもらえますか。

You speak too fast!
しゃべるのが早すぎるよ。

最初の2つの表現はpardon meと比べると、カジュアルな表現となっています。

最後の表現は友達同士でしか使えない表現ですよ。

電話で話していて、相手の声がよく聞こえないときにはこう言えます。

I’m sorry, I can’t hear you.
ごめんなさい、あなたの声がよく聞こえません。

Could you speak a little bit louder, please?
もう少し大きな声で話していただけますか。

I’m sorry, the line is bad.
回線状況が悪いようです。

これらの表現を使うと、相手の気分を害さずに電話での会話を続けていけます。

pardon meはアメリカで使うか、イギリスで使うかで気を付けなければいけない表現です。

どんな場面でどの言葉を使うか、しっかり理解しておきましょう。(^^)/

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018年厳選オススメスカイプ英語ランキング

スカイプ英語業界のパイオニア。圧倒的な実績が生み出す信頼感はまさに王者の貫禄
レアジョブ英会話
4.5
特徴スカイプ英語業界で唯一の上場企業
コース日常英会話・ビジネス英会話
価格139円~/1レッスン
サポート体制
レアジョブ英会話

堂々の第1位は「レアジョブ英会話」です!当サイトで総合的に判断した結果最もお勧めなのが「レアジョブ英会話」です。

・とにかく話す時間が多くて効果的なマンツーマンレッスン
・日本人カウンセラーに英会話学習の相談ができる
・採用率1%の選りすぐられたエリート講師陣
・サービス提供10年のスカイプ英会話サービス業界のパイオニア
・レッスンの5分前予約が可能で、30分前までキャンセル可能
・日本語が話せる講師が選べるので英会話初心者でも安心
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業なので教育がしっかりしてる

これら全てを叶えてくれる「安心してレッスンを受けられるスカイプ英語」がレアジョブ英会話です。色々検討していて迷っている方も一度レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみてください。

レアジョブの最大の特徴はスカイプ英語業界で唯一の上場企業であり、累計会員数、レッスン提要実績数、採用企業数などが全て業界でNo.1です。長年の運営実績から蓄積されたノウハウでレッスン内容、講師の質、サポート体制などの全てにおいて非常に高い水準にあります。

ビジネス英会話のコースも日常英会話コースのコースから選りすぐられたエリート講師と専門家の監修を受けた独自の完成度の高い教材とカリキュラムで本格的なレッスンが受けられます。

日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられるので初心者にもオススメです。

ビズメイツ
忙しいビジネスマンのための考え抜かれた圧巻のレッスン体制は企業戦士の信頼できるビジネスパートナー
ビズメイツ
4
特徴ビジネス英会話に特化している
内容ビジネス英会話・動画コンテンツ
価格290円~/1レッスン
サポート体制

第2位はビジネス英会話業界の風雲児「ビズメイツ」です。ビズメイツはその名の通りビジネス英語に特化したスカイプ英語で、ビジネス英会話に限れば当サイトで最もオススメです。その理由は2つあります。

まず1つ目の理由は講師人が全員豊富なビジネス経験を持っているため、ビジネスの現場の経験に基づいた英会話のレッスンを受けられること。単なる共通のビジネス英会話テキストだけではなく、英語圏のカルチャーの違いによる表現方法の違いやビジネスを進めるうえで必要な習慣なども学べるのが特徴です。

2つ目の理由は、スキマ時間にビジネス英語を学べるコンテンツが非常に充実している点です。仕事で英語を使う機会がある人は忙しいため基本的に自分の空いた時間を有効活用して英会話を学ぶしかありません。そのため、通勤時間や、移動時間、ちょっとしたスキマ時間に学習できることは強い味方になります。

レッスンも早朝から深夜まで提供しており、予約もレッスン開始の5分まで受け付けているためちょっとした時間を有効活用できます。

ビジネス英語を何とかして上達させなければいけない人にとっては真っ先に検討していただきたいスカイプ英語スクールです。

DMM英会話
大手のスカイプ英会話スクールの良いところを全て取り入れてきている万能スカイプ英会話スクール
DMM英会話
4
特徴万能選手の英会話スクール
内容日常・ビジネス英会話
価格150円~/1レッスン
サポート体制
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。