1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫opportunityの細かなニュアンスを解析

opportunityの細かなニュアンスを解析

日本語で言うと機会ですが、英語では機会に相当する語がopportunityをはじめいくつかあります。

他にもchanceやoccasionなどがありますが、opportunityとどんな違いがあるのでしょうか?(゜д゜)

それぞれの言葉の細かなニュアンスについて説明していきますね(o^^o)!

opportunityのニュアンスについて

opportunityと言うのは、本人に何か目的や願望があり、それに基づいて行動するのに丁度良い機会のことを表します

This is a good opportunity to meet a lot of new teams.
これはたくさんのチームを知る良い機会だよ。

opportunityと言うのは偶然に生まれた機会というよりは、大きなスポーツの試合など、あらかじめ他のたくさんのチームと対戦する事が分かっているような機会のことをいいます。

色々な人と知り合える機会などにも使われますよ。

自分の目的を達成するのに必要だったり、有利だったりする機会のことをopportunityで言い表します。

努力をして得る機会のことも、opportunityで表現することがあります。

誰かと約束をするときや契約をするとき、後は何かを調べて見つけた機会などです。

就職の面接なども、opportunityを使って言い表すことが出来ます。

I was able to get an opportunity to negotiate with that store.
あのお店と交渉する機会を得ることが出来ました。

ここで使われているopportunityは、今まで調整をしてやっと交渉の機会を得られましたというニュアンスが含まれています。

chanceとopportunityの違いは?

一方、chanceと言うのは偶然の機会を表します。

運が良く巡ってきた機会で、思わず得したと感じるような瞬間にchanceを使います。

This is a good chance to meet a lot of new teams.
これはたくさんのチームと知り合う機会だよ。

先ほどと同じ例文ですが、chanceを使うと、まさかこんなにたくさんのチームがいる大会だとは思わなかったというニュアンスが含まれています。

たまたま経験を積む良い機会が、訪れたという気持ちが表現されるのです。

自分ではどうすることも出来ない天気や、自然災害などに対してもchanceを使うことがあります。

You will have a chance of snow during your stay in Fukushima.
あなたが福島にいるときに、雪が降るかも知れないよ。

雪が降るかどうかは、自分ではどうすることも出来ないので、chanceが使われています。

occasionとopportunityって同じ意味なの?

occasionは、時や場合を表す機会を意味しています。

英作文をするときに、occasionを使うなら時を表す前置詞onを忘れないようにして下さい。

opportunityに比べると、強い行為を引き起こすような機会や決定的な時を表す言葉となっています。

chanceと違って、偶然性が入り込む余地は全くない表現です。

I’m saving all my money for a special occasion.
特別な機会に備えて全部のお金を貯金しているんです。

Funerals and weddings are the only occasions I get to see my parents anymore.
親に会うのは葬式や結婚式の時くらいです。

将来に起きるかも知れない場合に備えたり、特定の時を強調したりするときoccasionを使って行きます。

opportunityの正しい発音が知りたい

opportunityを発音するときには、何を意識したら良いでしょうか。

カタカナでオポチュニティーと言いたくなりますが、これでは相手に伝わりません。

opportunityの発音記号は、ὰpətjúːnətiとなっています。

何のことやら分からないかも知れませんが、最初の[ɑ]という発音記号は、カタカナのアとオの間の発音です。

どちらかというとオに近い発音となります。

[ɑ]に第二アクセントの印が付いていますから、少し長めに発音するくらいであまり強調はしないで下さい。

[tjuː]の発音記号はチュというのではなくて、トュの様な発音となりますよ。

[j]はカタカナのヤ行に近い音となって行きます。後はそのままニティと発音してしまって問題ありません。

opportunityの発音のポイントは、最初のオに近いアの発音と、真ん中をトュで発音することです。

機会を表す英単語はopportunityだけでは無く、chanceやoccasionなどいくつかあります。それぞれに意味があり細かくニュアンスが違っているので、正しく使うように気を付けていきましょう。


次の英会話をする時に、あえてopportunityを使うような質問を作っておくのも良いかも知れませんね。(^O^)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018年厳選オススメスカイプ英語ランキング

スカイプ英語業界のパイオニア。圧倒的な実績が生み出す信頼感はまさに王者の貫禄
レアジョブ英会話
4.5
特徴スカイプ英語業界で唯一の上場企業
コース日常英会話・ビジネス英会話
価格139円~/1レッスン
サポート体制
レアジョブ英会話

堂々の第1位は「レアジョブ英会話」です!当サイトで総合的に判断した結果最もお勧めなのが「レアジョブ英会話」です。

・とにかく話す時間が多くて効果的なマンツーマンレッスン
・日本人カウンセラーに英会話学習の相談ができる
・採用率1%の選りすぐられたエリート講師陣
・サービス提供10年のスカイプ英会話サービス業界のパイオニア
・レッスンの5分前予約が可能で、30分前までキャンセル可能
・日本語が話せる講師が選べるので英会話初心者でも安心
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業なので教育がしっかりしてる

これら全てを叶えてくれる「安心してレッスンを受けられるスカイプ英語」がレアジョブ英会話です。色々検討していて迷っている方も一度レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみてください。

レアジョブの最大の特徴はスカイプ英語業界で唯一の上場企業であり、累計会員数、レッスン提要実績数、採用企業数などが全て業界でNo.1です。長年の運営実績から蓄積されたノウハウでレッスン内容、講師の質、サポート体制などの全てにおいて非常に高い水準にあります。

ビジネス英会話のコースも日常英会話コースのコースから選りすぐられたエリート講師と専門家の監修を受けた独自の完成度の高い教材とカリキュラムで本格的なレッスンが受けられます。

日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられるので初心者にもオススメです。

ビズメイツ
忙しいビジネスマンのための考え抜かれた圧巻のレッスン体制は企業戦士の信頼できるビジネスパートナー
ビズメイツ
4
特徴ビジネス英会話に特化している
内容ビジネス英会話・動画コンテンツ
価格290円~/1レッスン
サポート体制

第2位はビジネス英会話業界の風雲児「ビズメイツ」です。ビズメイツはその名の通りビジネス英語に特化したスカイプ英語で、ビジネス英会話に限れば当サイトで最もオススメです。その理由は2つあります。

まず1つ目の理由は講師人が全員豊富なビジネス経験を持っているため、ビジネスの現場の経験に基づいた英会話のレッスンを受けられること。単なる共通のビジネス英会話テキストだけではなく、英語圏のカルチャーの違いによる表現方法の違いやビジネスを進めるうえで必要な習慣なども学べるのが特徴です。

2つ目の理由は、スキマ時間にビジネス英語を学べるコンテンツが非常に充実している点です。仕事で英語を使う機会がある人は忙しいため基本的に自分の空いた時間を有効活用して英会話を学ぶしかありません。そのため、通勤時間や、移動時間、ちょっとしたスキマ時間に学習できることは強い味方になります。

レッスンも早朝から深夜まで提供しており、予約もレッスン開始の5分まで受け付けているためちょっとした時間を有効活用できます。

ビジネス英語を何とかして上達させなければいけない人にとっては真っ先に検討していただきたいスカイプ英語スクールです。

DMM英会話
大手のスカイプ英会話スクールの良いところを全て取り入れてきている万能スカイプ英会話スクール
DMM英会話
4
特徴万能選手の英会話スクール
内容日常・ビジネス英会話
価格150円~/1レッスン
サポート体制
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。