1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫mustとhave toの違いを知っておこう

mustとhave toの違いを知っておこう

中学校などでよく出てきたmustとhave toの違いですが、置き換えが出来る場合と出来ない場合があります。

mustとhave toの違いをしっかり理解しておくために、いくつかの情報を調査してみました!

では、実際に2つのmustとhave toのニュアンスの違いについて説明していきますね!(´▽`)/

mustとhave toのイメージを確認

Mustというのは、本来は幾つもの選択肢がある中で、1つの選択肢が自分の方向へ圧迫感を持って迫ってくるイメージです。

文章や会話の中でmustを使うと、義務感とか強い確信、さらには何かを強くオススメするニュアンスを伝える事も出来ます。

mustは何かをしなければならないときや、何かに強い確信を持っているとき、または他の人に何かを絶対にすべきと勧めるときに活用していけます。

一方のhave toは、状況ゆえに何かをしなければいけない状態を表します。主語になっている人や物が何かを持っているために、何かをしなければいけないというイメージです。

これから状況的に何かをしなければいけなくなる、と言うときにもhave toを使います。

肯定文の場合のmustとhave toの違い

肯定文を作るときのmustとhave toについて考えてみます。

I must be more careful. I have lost my credit card.
わたしはもっと気を付けなくちゃいけないです。クレジットカードをなくしてしまいました。

ここで使われているmustは自分の気持ちを表現していますが、絶対に気を付けなくちゃいけない、これ以外の選択肢はないという強い気持ちを表しています。

一方のhave toはどうでしょうか。

I have to finish the work.
わたしは宿題を終わらせないといけません。

have toは、学校や先生から要求されている宿題を終わらせないといけないことを表しています。

自分が絶対にしなくちゃいけないと言うよりは、状況ゆえにしなくてはいけないことを表現しているのです。

このように比べてみると、must自分の決意などの気持ちを表すのに対して、have to第三者など外的な要因ゆえにしなくてはいけない、という気持ちを伝えられると分かります。

否定文の場合のmustとhave toの違い

mustとhave toは、否定文になると意味合いが違ってくることがあります。

You must not study Spanish.
あなたはスペイン語を勉強してはいけません。

You don’t have to study Spanish.
あなたはスペイン語を勉強する必要がありません。

mustとhave toを比べてみると、mustには禁止をするような強い意味合いがあることが見て取れます。

実はmustには最初から何かをしなければいけない、といったような義務や強制のニュアンスが強いので、否定文になることでそのニュアンスがさらに強く出てくるのです。

Mustに比べてhave toは、もう少し柔らかい雰囲気になります。

have toは禁止と言うよりは、その必要が無いという意味を伝えます。

したいならスペイン語の勉強が出来ますが、状況ゆえにスペイン語を勉強する必要はありませんよ、という意味合いを伝えるのです。

過去を表すときのmustとhave toの違いとは?

mustとhave toは過去を表すときにも違いがあります。

I had to apologize to her.
わたしは彼女に謝らなくてはならなかった。

これは過去に生じた出来事を話していますが、過去に生じた謝るという義務について話しています。

Mustでも良いような気がしますが、mustには過去形がないので、have toを使っているのです。

どうしてmustには過去形が無いのか、不思議に思うかも知れません。

Mustに過去形がないのは、mustは通常話をしている人の目の前にある強い気持ちを表すものだからです。

現時点での話し手の気持ちを強烈に伝える表現がmustとなっています。

過去に起きた事というのは、話し手の今の気持ちとは距離が開いているので、状況を伝えるhave toの過去形を使うようになっていますよ。

mustとhave toの違いを比べてみると、英会話の中でどのように使い分けをしたらよいかが理解できます。


自分の気持ちを伝えるならmust、状況ゆえにしないと行けないことを伝えるならhave toと覚えておきましょう。(^O^)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018年厳選オススメスカイプ英語ランキング

スカイプ英語業界のパイオニア。圧倒的な実績が生み出す信頼感はまさに王者の貫禄
レアジョブ英会話
4.5
特徴スカイプ英語業界で唯一の上場企業
コース日常英会話・ビジネス英会話
価格139円~/1レッスン
サポート体制
レアジョブ英会話

堂々の第1位は「レアジョブ英会話」です!当サイトで総合的に判断した結果最もお勧めなのが「レアジョブ英会話」です。

・とにかく話す時間が多くて効果的なマンツーマンレッスン
・日本人カウンセラーに英会話学習の相談ができる
・採用率1%の選りすぐられたエリート講師陣
・サービス提供10年のスカイプ英会話サービス業界のパイオニア
・レッスンの5分前予約が可能で、30分前までキャンセル可能
・日本語が話せる講師が選べるので英会話初心者でも安心
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業なので教育がしっかりしてる

これら全てを叶えてくれる「安心してレッスンを受けられるスカイプ英語」がレアジョブ英会話です。色々検討していて迷っている方も一度レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみてください。

レアジョブの最大の特徴はスカイプ英語業界で唯一の上場企業であり、累計会員数、レッスン提要実績数、採用企業数などが全て業界でNo.1です。長年の運営実績から蓄積されたノウハウでレッスン内容、講師の質、サポート体制などの全てにおいて非常に高い水準にあります。

ビジネス英会話のコースも日常英会話コースのコースから選りすぐられたエリート講師と専門家の監修を受けた独自の完成度の高い教材とカリキュラムで本格的なレッスンが受けられます。

日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられるので初心者にもオススメです。

ビズメイツ
忙しいビジネスマンのための考え抜かれた圧巻のレッスン体制は企業戦士の信頼できるビジネスパートナー
ビズメイツ
4
特徴ビジネス英会話に特化している
内容ビジネス英会話・動画コンテンツ
価格290円~/1レッスン
サポート体制

第2位はビジネス英会話業界の風雲児「ビズメイツ」です。ビズメイツはその名の通りビジネス英語に特化したスカイプ英語で、ビジネス英会話に限れば当サイトで最もオススメです。その理由は2つあります。

まず1つ目の理由は講師人が全員豊富なビジネス経験を持っているため、ビジネスの現場の経験に基づいた英会話のレッスンを受けられること。単なる共通のビジネス英会話テキストだけではなく、英語圏のカルチャーの違いによる表現方法の違いやビジネスを進めるうえで必要な習慣なども学べるのが特徴です。

2つ目の理由は、スキマ時間にビジネス英語を学べるコンテンツが非常に充実している点です。仕事で英語を使う機会がある人は忙しいため基本的に自分の空いた時間を有効活用して英会話を学ぶしかありません。そのため、通勤時間や、移動時間、ちょっとしたスキマ時間に学習できることは強い味方になります。

レッスンも早朝から深夜まで提供しており、予約もレッスン開始の5分まで受け付けているためちょっとした時間を有効活用できます。

ビジネス英語を何とかして上達させなければいけない人にとっては真っ先に検討していただきたいスカイプ英語スクールです。

DMM英会話
大手のスカイプ英会話スクールの良いところを全て取り入れてきている万能スカイプ英会話スクール
DMM英会話
4
特徴万能選手の英会話スクール
内容日常・ビジネス英会話
価格150円~/1レッスン
サポート体制
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。