1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫has beenとhas+過去分詞って違うの?

has beenとhas+過去分詞って違うの?

ネイティブスピーカーは、has beenとhas+過去分詞という表現をよく使います。

日本人からするとhas beenとhas+過去分詞の2つの違いが、いまいちピンとこないかも知れないですね!

has beenとhas+過去分詞の2つには、どんな違いがあるのか調査してみましょう。(^◇^)!

has beenとhas+過去分詞の違いは何だろう

has+過去分詞と言うのは現在完了形と言われていて、何かがちょうど終わったところという完了の状態を表します。

または、何かを今までにしたことがあるなどの経験を言い表すこともあります。

I have cleaned my bedroom.
わたしの寝室を掃除し終わったところです。

I have studied Spanish.
わたしはスペイン語の勉強をし終わりました。

I have emailed him.
わたしは彼にメールしたところです。

I have written a letter to him.
わたしは彼に手紙を書き終えました。

このように完了の状態を表すために使われます。

さらに、今までに何かをしたことがあることも表します。

I have never heard of news.
そんなニュースは今までに聞いたことがありません。

続いて、has beenについて考えてみたいと思います。

has beenは現在完了進行形とも呼ばれており、have been ~ingの様なかたちで使われます。

この表現が使われるシーンというのは、今までやってきたことをこれからも続けていきますという気持ちを表したり、今までやってきたからこれからも続けてやっていくよ、と言う思いを表現したりするために使われます。

これまでやってきたけどまだ終わっていないから、もっとしていくということを表すときにも用いられますよ。

現在の時点で完了していなくて、まだ進行中のものに対して使われるのです。

I have been cleaning my bedroom for an hour.
わたしは自分の寝室を1時間掃除しています。

I have been studing Spanish for five years.
わたしは5年間スペイン語を勉強してきました。

このように今までやっているけど、まだ完了していないのがhave been ~ingなのです。

現在完了形について覚えておきたい情報まとめ

現在完了形を使うときに気を付けたいのは、期間を表すような単語を使わないことです。

forとかsinceと言った単語を使って、現在完了形を表すことはありません。

なぜなら、

現在完了形というのはすでに完了していることや、

経験し終わったことについて話す

からです。

forとかsinceを使うときには、現在完了進行形であることを覚えておきたいと思います。

現在完了進行形というのは、今までしてきたことを未来まで継続していくことを伝える文法です。

I have been writting a letter to him.
わたしは彼に手紙を書いています。

この文章というのは、今までも彼に手紙を書いているけれども、まだ書き終わっていないのでこれからも書いていくことを言い表しているのです。

過去分詞の使い方って何?

has+過去分詞を使うときに、過去分詞について理解していなくてはいけません。

過去分詞というのは動詞が変化する形の1つで、DoならDoneへ変化しますし、VsitならVisitedへと変化します。

has+過去分詞を使いたいときには、過去分詞の動詞の変化を覚えておく必要がありますよ。

過去分詞形はある一定のパターンで変化していきますが、それを規則動詞と呼びます。動詞の変化する形が過去形と同じで、末尾にedと付くのが規則動詞です。

しかし、過去分詞形がdoneとかstolen、そしてwrittenなどのように普通ではない変化をするものもあります。

このような不規則に変化していくものを、不規則動詞と呼んでいます。

どちらかというと不規則動詞の方が覚えにくいので、集中的に暗記するようにして下さい。

過去分詞が使われるときにはどのような日本語訳が適切なのでしょうか。

何かがされた状態とか、何かをし終えた状態になることです。つまり、受け身や完了形で使われることが多いのです。

このように考えると、過去分詞が現在完了形と相性が良いことも理解できますね。

has beenとhas+過去分詞について考えてくると、継続して何かをしているときに使える表現であることが分かります。

過去分詞の不規則動詞を覚えておくと、has+過去分詞を使いやすくなりますよ。(^^)/

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018年厳選オススメスカイプ英語ランキング

スカイプ英語業界のパイオニア。圧倒的な実績が生み出す信頼感はまさに王者の貫禄
レアジョブ英会話
4.5
特徴スカイプ英語業界で唯一の上場企業
コース日常英会話・ビジネス英会話
価格139円~/1レッスン
サポート体制
レアジョブ英会話

堂々の第1位は「レアジョブ英会話」です!当サイトで総合的に判断した結果最もお勧めなのが「レアジョブ英会話」です。

・とにかく話す時間が多くて効果的なマンツーマンレッスン
・日本人カウンセラーに英会話学習の相談ができる
・採用率1%の選りすぐられたエリート講師陣
・サービス提供10年のスカイプ英会話サービス業界のパイオニア
・レッスンの5分前予約が可能で、30分前までキャンセル可能
・日本語が話せる講師が選べるので英会話初心者でも安心
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業なので教育がしっかりしてる

これら全てを叶えてくれる「安心してレッスンを受けられるスカイプ英語」がレアジョブ英会話です。色々検討していて迷っている方も一度レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみてください。

レアジョブの最大の特徴はスカイプ英語業界で唯一の上場企業であり、累計会員数、レッスン提要実績数、採用企業数などが全て業界でNo.1です。長年の運営実績から蓄積されたノウハウでレッスン内容、講師の質、サポート体制などの全てにおいて非常に高い水準にあります。

ビジネス英会話のコースも日常英会話コースのコースから選りすぐられたエリート講師と専門家の監修を受けた独自の完成度の高い教材とカリキュラムで本格的なレッスンが受けられます。

日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられるので初心者にもオススメです。

ビズメイツ
忙しいビジネスマンのための考え抜かれた圧巻のレッスン体制は企業戦士の信頼できるビジネスパートナー
ビズメイツ
4
特徴ビジネス英会話に特化している
内容ビジネス英会話・動画コンテンツ
価格290円~/1レッスン
サポート体制

第2位はビジネス英会話業界の風雲児「ビズメイツ」です。ビズメイツはその名の通りビジネス英語に特化したスカイプ英語で、ビジネス英会話に限れば当サイトで最もオススメです。その理由は2つあります。

まず1つ目の理由は講師人が全員豊富なビジネス経験を持っているため、ビジネスの現場の経験に基づいた英会話のレッスンを受けられること。単なる共通のビジネス英会話テキストだけではなく、英語圏のカルチャーの違いによる表現方法の違いやビジネスを進めるうえで必要な習慣なども学べるのが特徴です。

2つ目の理由は、スキマ時間にビジネス英語を学べるコンテンツが非常に充実している点です。仕事で英語を使う機会がある人は忙しいため基本的に自分の空いた時間を有効活用して英会話を学ぶしかありません。そのため、通勤時間や、移動時間、ちょっとしたスキマ時間に学習できることは強い味方になります。

レッスンも早朝から深夜まで提供しており、予約もレッスン開始の5分まで受け付けているためちょっとした時間を有効活用できます。

ビジネス英語を何とかして上達させなければいけない人にとっては真っ先に検討していただきたいスカイプ英語スクールです。

DMM英会話
大手のスカイプ英会話スクールの良いところを全て取り入れてきている万能スカイプ英会話スクール
DMM英会話
4
特徴万能選手の英会話スクール
内容日常・ビジネス英会話
価格150円~/1レッスン
サポート体制
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。