1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫冠詞を使いこなして英会話をレベルアップしよう

冠詞を使いこなして英会話をレベルアップしよう

冠詞というのは、英会話の中でも非常に大切なものとなってきます。

日本語の中ではあまり意識しない冠詞なので、英会話で忘れがちになってしまう部分なんです!

使い分けが難しい冠詞を使いこなして、英会話をレベルアップさせていきましょう(o^^o)!

冠詞の基本と種類をチェック

冠詞というのは名詞の前に付けるaとかan、そしてtheと言うものです。

This is a book.
これは本です。

I want to eat an apple.
リンゴが食べたいです。

The cat has a withe tail.
この猫は白い尻尾を持っています。

From the earth to the moon.
地球から月まで。

このように冠詞の種類というのは、三種類しか無いことをまず覚えておきましょう。

冠詞の種類は少なくて覚えやすいのに、日本人はよく英会話の中で冠詞を付けるのを忘れてしまいがちです。

なぜなら、日本語に冠詞という考え方はないからです。

でもネイティブからすると冠詞を付けないことは、日本人が「てにをは」を間違っているかのように違和感を覚えるようなものなのです。

冠詞の基本的なルールは、名詞の前に使うという点です。

つまり名詞を使うときには、冠詞を使わないといけないというルールを覚えておいて下さい。

時々冠詞を付けなくて良い無冠詞という名詞がありますが、基本は冠詞を付けていきます。

冠詞の機能を押さえておく

冠詞は細かく分けると、二種類に分けられます。

aとanの不定冠詞と、theの定冠詞です。

不定冠詞が使われるものは、不特定の中から1つを示すときで、定冠詞が使われるのはある特定の対象を示すときです。

これらの冠詞を付けない無冠詞は、存在はしているけど数えられない名詞などに適用されます。

無冠詞が使われるのは、対象は存在しているのですが、数えられないときとなります。

ちょっとイメージしづらい無冠詞の例を見てみたいと思います。

Can I have some water?
水をいただけますか。

He climbs Mt. Fuji.
彼は富士山に登ります。

We are going to Omotesando Street for shopping.
表参道通りへショッピングへ行きます。

Let’s walk through Central Park in London.
ロンドンの中央公園へ行きましょう。

水や富士山、そして公園や通りなどは冠詞が付かないようになっています。

冠詞と名詞にはどんな関係があるのか

冠詞を使い分けて行くには、どんな名詞がその後に続くかが重要なポイントです。

名詞というのは人や物だけでは無く、場所のことも表します。

主に名詞には三種類あって、可算名詞不可算名詞、そして固有名詞があります。

可算名詞と言うのは、きちんと数で数えることが出来て、単数から複数形へ変化していく者です。

不可算名詞は、水のように一つとか二つとか数えられないものです。

固有名詞は、通りや公園の名前でなどの特定の名詞です。

これらの3つの名詞の、どの名詞が来るかによって、使う冠詞を決めていくことが可能です。

不定冠詞について学んで冠詞を使いこなす

無冠詞を理解するのに、aとanという不定冠詞について学ぶことは助けとなります。

I bought a notebook.
わたしはノートブックを買いました。

この例文を見ると不定冠詞をノートブックという物の前に使っています。

ノートブックという1つの種類の中から、ひとつのノートブックを買ったと言うことが分かります。

しかし、名詞が可算名詞であっても、複数形になるときには冠詞は使いません。

I have notebooks.
わたしはノートブックを何冊も持っています。

このように複数の名詞を言い表すときには、無冠詞になると覚えておいて下さい。

冠詞を付けることによって、話す人が名詞にどんな印象を持っているかを表現することが出来ます。

幾つもある中からの一つ、というニュアンスを伝えることが出来ますし、たくさんある中から1つを選んで買ったという意味合いも表現することが可能です。

忘れやすい冠詞ですが、名詞の前に付けることによってより正確に情報を伝えることが出来ます。

名詞を使うときには、冠詞を付けるべきかどうかを判断できるように慣れていきましょう。(^O^)

コメント

  1. 不定冠詞と定冠詞とても使い分けが難しい様に思えますが、私個人としてはaやanの不定冠詞は基本的に「一つの、ある~」等
    theの定冠詞も基本的に「その~」等と捉えて使用しています。しかし今の時代では非常にアナログですが英和辞書を開いて意味、語義またニュアンス等私が使っているのは東京書籍のアルファ・フェイバリット英和辞典ですが例え高校生が使用しているにしても十分使用価値がある辞典です。英作文の際は如何言う風に表現したら良いのかイディオムではどの様にフレーズとして
    使われているのか頻繁に英和辞書を引いて例文を確認したりして不定冠詞、定冠詞の用法を学んでいる途中です。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018年厳選オススメスカイプ英語ランキング

スカイプ英語業界のパイオニア。圧倒的な実績が生み出す信頼感はまさに王者の貫禄
レアジョブ英会話
4.5
特徴スカイプ英語業界で唯一の上場企業
コース日常英会話・ビジネス英会話
価格139円~/1レッスン
サポート体制
レアジョブ英会話

堂々の第1位は「レアジョブ英会話」です!当サイトで総合的に判断した結果最もお勧めなのが「レアジョブ英会話」です。

・とにかく話す時間が多くて効果的なマンツーマンレッスン
・日本人カウンセラーに英会話学習の相談ができる
・採用率1%の選りすぐられたエリート講師陣
・サービス提供10年のスカイプ英会話サービス業界のパイオニア
・レッスンの5分前予約が可能で、30分前までキャンセル可能
・日本語が話せる講師が選べるので英会話初心者でも安心
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業なので教育がしっかりしてる

これら全てを叶えてくれる「安心してレッスンを受けられるスカイプ英語」がレアジョブ英会話です。色々検討していて迷っている方も一度レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみてください。

レアジョブの最大の特徴はスカイプ英語業界で唯一の上場企業であり、累計会員数、レッスン提要実績数、採用企業数などが全て業界でNo.1です。長年の運営実績から蓄積されたノウハウでレッスン内容、講師の質、サポート体制などの全てにおいて非常に高い水準にあります。

ビジネス英会話のコースも日常英会話コースのコースから選りすぐられたエリート講師と専門家の監修を受けた独自の完成度の高い教材とカリキュラムで本格的なレッスンが受けられます。

日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられるので初心者にもオススメです。

ビズメイツ
忙しいビジネスマンのための考え抜かれた圧巻のレッスン体制は企業戦士の信頼できるビジネスパートナー
ビズメイツ
4
特徴ビジネス英会話に特化している
内容ビジネス英会話・動画コンテンツ
価格290円~/1レッスン
サポート体制

第2位はビジネス英会話業界の風雲児「ビズメイツ」です。ビズメイツはその名の通りビジネス英語に特化したスカイプ英語で、ビジネス英会話に限れば当サイトで最もオススメです。その理由は2つあります。

まず1つ目の理由は講師人が全員豊富なビジネス経験を持っているため、ビジネスの現場の経験に基づいた英会話のレッスンを受けられること。単なる共通のビジネス英会話テキストだけではなく、英語圏のカルチャーの違いによる表現方法の違いやビジネスを進めるうえで必要な習慣なども学べるのが特徴です。

2つ目の理由は、スキマ時間にビジネス英語を学べるコンテンツが非常に充実している点です。仕事で英語を使う機会がある人は忙しいため基本的に自分の空いた時間を有効活用して英会話を学ぶしかありません。そのため、通勤時間や、移動時間、ちょっとしたスキマ時間に学習できることは強い味方になります。

レッスンも早朝から深夜まで提供しており、予約もレッスン開始の5分まで受け付けているためちょっとした時間を有効活用できます。

ビジネス英語を何とかして上達させなければいけない人にとっては真っ先に検討していただきたいスカイプ英語スクールです。

DMM英会話
大手のスカイプ英会話スクールの良いところを全て取り入れてきている万能スカイプ英会話スクール
DMM英会話
4
特徴万能選手の英会話スクール
内容日常・ビジネス英会話
価格150円~/1レッスン
サポート体制
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。