1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫使い勝手の良いi'm afraidの意味

使い勝手の良いi’m afraidの意味

日本人は自分の意志をストレートに言い表すのが苦手ですが、i’m afraidを使うと丁寧に自分の気持ちを相手に伝えられます。

特に言いにくいことなどを伝えたいときに、i’m afraidは使い勝手の良い表現となっています。

どのようにi’m afraidを使っていったら良いのか説明します。

i’m afraidの意味と使い方

具合が悪かったりお金が返せなかったりする言いづらいことを伝えるときに、i’m afraidは便利な表現です。

申し訳ないのですが、という意味があるので、あらゆるシーンで役立つフレーズです。

例えば、頼まれていた用事をまだしていないために、もう少し待って欲しいという気持ちを言い表すとします。

I am awfully sorry but if you could wait a little longer I would appreciate it very much.

i’m afraidを使わないと、低姿勢すぎるほどの表現になってしまいます。

しかし、i’m afraidを使うことでもっとスマートに、申し訳ない気持ちを表現できます。

I’m afraid the work is not ready. Can you wait it? I’d appreciate it.

i’m afraidを使うことにより、頼まれていた仕事が出来なかったことを丁寧に伝えることが出来ています。

自分が仕事をしていなかったことを伝えると言うよりも、仕事の準備が間に合わなかったことを強調している表現です。

i’m afraidを使うことで、相手はこちらが何か約束通りのことが出来なかったのだなと判断し、ある程度覚悟して話を聞いてくれるメリットもあります。

i’m afraidについて知っておきたい情報まとめ

afraidと言うのは、怖がってという意味がありますが、i’m afraidは怖がっている気持ちを伝えるのでは無くて、好ましくない情報を丁寧に相手に伝える言葉です。

注意したいのは、I’m afraid, butという使い方はしないという点です。

日本語だと、残念なんですが、しかしと言って理由を説明したくなりますが、英語では文法的に間違いです。

i’m afraidと言った後は、そのままbutを使わずに文を続けていきます。

I’m sorryとI’m afraidは似ている表現な気がしますが、何が違うのでしょうか。

最初にI’m sorryと言うのは、1つの特定の行為について相手にストレートに謝るときに使います。

次に、i’m afraidというのは謝ると言うよりは、相手にとって悪いニュースを伝えるという側面が強い表現です。

例えば、飲み会に誘われたときに、行けないならこう言えるでしょう。

I’m afraid I won’t be able to make it today.
残念なんだけど、今日は行けないかな。

この時に、I’m sorryを使うと、もう少し深刻なニュアンスになってしまいます。

I’m sorry, I won’t be able to make it today.
ごめんなさい。今日は行けないかな。

2つを比べるとi’m afraidを使った方が、直接的すぎない印象を受けますね。

I’m afraid not.もI’m afraid so.も使い勝手の良い表現です。

残念ながらNoです、とか残念ながらYesですという気持ちを伝えるために使えます。

直接NoとかYesというと相手を傷つけてしまいそうなときには、i’m afraidを付けることで表現を和らげることが出来ます。

ワンクッション置いて相手をいたわるためにも、i’m afraidは身につけておきたい表現です。

ビジネスの現場で使いやすいi’m afraid

i’m afraidはビジネスの現場でも、使い勝手が良いですよ。

仕事が溜まってしまってイライラしているときに、上司からさらに仕事を頼まれるとします。

Boss:Will you be taking care of the data by tomorrow?
上司:明日までにこの仕事をしておいてくれるかな。

You:I won’t.
あなた:出来ません。

このような答え方をしてしまうと、上司としてはやる気の無い部下だと思ってしまいます。

文法的にはwillで質問されているため、I won’t.と答えているのは間違いではないのですが、意味合いはちょっと変わってきます。

willというのは自分の意志で何かをするしないを表現するので、I won’t.を使うと、自分の意志でしないと決めているというニュアンスになります。

I’m afraid I won’t be able to finish it by tomorrow.
残念ながら明日までに終わらせるのは無理です。

i’m afraidを使った方が、状況的に無理なことを伝えられます。

普段の生活の中でも、ビジネスの現場でもi’m afraidは役立ちます。

相手の気持ちを思いやる表現なので、ちゃんと使っていきましょう。(^O^)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018年厳選オススメスカイプ英語ランキング

スカイプ英語業界のパイオニア。圧倒的な実績が生み出す信頼感はまさに王者の貫禄
レアジョブ英会話
4.5
特徴スカイプ英語業界で唯一の上場企業
コース日常英会話・ビジネス英会話
価格139円~/1レッスン
サポート体制
レアジョブ英会話

堂々の第1位は「レアジョブ英会話」です!当サイトで総合的に判断した結果最もお勧めなのが「レアジョブ英会話」です。

・とにかく話す時間が多くて効果的なマンツーマンレッスン
・日本人カウンセラーに英会話学習の相談ができる
・採用率1%の選りすぐられたエリート講師陣
・サービス提供10年のスカイプ英会話サービス業界のパイオニア
・レッスンの5分前予約が可能で、30分前までキャンセル可能
・日本語が話せる講師が選べるので英会話初心者でも安心
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業なので教育がしっかりしてる

これら全てを叶えてくれる「安心してレッスンを受けられるスカイプ英語」がレアジョブ英会話です。色々検討していて迷っている方も一度レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみてください。

レアジョブの最大の特徴はスカイプ英語業界で唯一の上場企業であり、累計会員数、レッスン提要実績数、採用企業数などが全て業界でNo.1です。長年の運営実績から蓄積されたノウハウでレッスン内容、講師の質、サポート体制などの全てにおいて非常に高い水準にあります。

ビジネス英会話のコースも日常英会話コースのコースから選りすぐられたエリート講師と専門家の監修を受けた独自の完成度の高い教材とカリキュラムで本格的なレッスンが受けられます。

日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けられるので初心者にもオススメです。

ビズメイツ
忙しいビジネスマンのための考え抜かれた圧巻のレッスン体制は企業戦士の信頼できるビジネスパートナー
ビズメイツ
4
特徴ビジネス英会話に特化している
内容ビジネス英会話・動画コンテンツ
価格290円~/1レッスン
サポート体制

第2位はビジネス英会話業界の風雲児「ビズメイツ」です。ビズメイツはその名の通りビジネス英語に特化したスカイプ英語で、ビジネス英会話に限れば当サイトで最もオススメです。その理由は2つあります。

まず1つ目の理由は講師人が全員豊富なビジネス経験を持っているため、ビジネスの現場の経験に基づいた英会話のレッスンを受けられること。単なる共通のビジネス英会話テキストだけではなく、英語圏のカルチャーの違いによる表現方法の違いやビジネスを進めるうえで必要な習慣なども学べるのが特徴です。

2つ目の理由は、スキマ時間にビジネス英語を学べるコンテンツが非常に充実している点です。仕事で英語を使う機会がある人は忙しいため基本的に自分の空いた時間を有効活用して英会話を学ぶしかありません。そのため、通勤時間や、移動時間、ちょっとしたスキマ時間に学習できることは強い味方になります。

レッスンも早朝から深夜まで提供しており、予約もレッスン開始の5分まで受け付けているためちょっとした時間を有効活用できます。

ビジネス英語を何とかして上達させなければいけない人にとっては真っ先に検討していただきたいスカイプ英語スクールです。

DMM英会話
大手のスカイプ英会話スクールの良いところを全て取り入れてきている万能スカイプ英会話スクール
DMM英会話
4
特徴万能選手の英会話スクール
内容日常・ビジネス英会話
価格150円~/1レッスン
サポート体制
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。