1. ホーム
  2. 英会話TIPS
  3. ≫自己紹介を英語のメールでする時のポイントを解説するよ

自己紹介を英語のメールでする時のポイントを解説するよ

【関連記事】

知ってるだけでどんどん話せる!英会話のフリートークのコツ!

ダイヤモンドスカイです。英語のメールで自己紹介するときってどんな内容を書けばいいんだろう?英語で仕事をし始めたときにまず初めに一番悩んだよ~!

 

そもそも外国人に初めてメールするときってどういうテンションで自己紹介すればいいのか全然わからなかったんだよね。気軽にHi!とか言っていいのか?それともDear Sirとかってかしこまったほうがいいのか。

日本人の感覚で行くと初めのあいさつから気軽すぎると失礼にあたるかなぁとか結構気になりました。

 

今日話したいことは自己紹介を英語のメールでするときのポイントです!

 

自己紹介を英語のメールでするときのポイントは1つだけ!

それは、、

 

「自己紹介のテンプレートを作ってしまう事」です!

 

自己紹介の英語のメールはテンプレート化してしまう!

自己紹介の英語を毎回メールのたびに考えていると大変です。

オンライン英会話の授業とかでも、毎回自己紹介から始まるのが普通なんだけど、毎回毎回考えてるとそれだけであっという間に時間が過ぎちゃうし、ちょっと飽きてくる。

だから、自己紹介の英語のメールはテンプレート化してしまうのがオススメなんだ。

 

例えば仕事で自己紹介するときの英語のメールを日本語で書くとこんな感じ

 

「こんにちは○○さん、初めまして

今度仕事でご一緒することになったダイヤモンドスカイです。

「ハム助さんの後任として担当することになりました。」

あなたと一緒に仕事をできるのを楽しみにしています。

それでは、

スカイ。」

~ここまで~

 

「ハム助さんの後任として働くことになりました。」の部分はその時によって変えればいいので、後の部分は使いまわしちゃいましょう。

ボクが良く使っている自己紹介の英語のメールはこんな感じです。

~ここから~

「Dear, Hamumi.

Nice to see you. I’m Diamond Sky. I will work together with you at this time.  I have taken over Hamusuke by his position.

I’m waiting impatiently to see you.

feel free to Contact me if you have any questions.

Regards,

Sky.」

~ここまで~

こんな感じでテンプレートを作ってしまって、あとは使いまわせば大丈夫です。

自己紹介の英語のメールはGoogleで検索すればOK!

仕事以外で英語のメールで自己紹介をする機会もあると思うけど、基本は同じだよ。このテンプレートを作るときにも英語の文章はGoogleで検索しながら作ればいいからカンタンだよ。

さっきも

「私がハム助さんの後任として働くことになりました」

って言い回しもパッと出てこなかったのでGoogleで「後任として働く 英語」で検索したら出てきたんだ(笑)

楽しみにしてますも「たのしみにしてます 英語」で検索するとたくさんフレーズが見つかるよ。

メールだけじゃなくてオンライン英会話の前に5分ぐらい時間を作って自己紹介文を英語で作っておくと貴重な授業の時間を有意義に使えるからおススメだよ。

自己紹介文に自信が持てないときは、オンライン英会話とかでチャットに文章を打ち込んで初めのレッスンは自己紹介のテンプレートを作り上げる時間にするのもすごくおすすめだよ。

添削してもらいながら作っていけばかなりいい感じの英語の自己紹介文ができること間違いなしだからね。

自己紹介のメールを英語で書くコツのまとめ

英語で自己紹介を書くときのコツはズバリ「テンプレート化してしまう」こと。

とにかく一ついい感じの自己紹介文を作ってしまえば、メールでも英会話でも使えるのでテンプレート化してしまうのはお勧めです。その時のコツはなるべく簡単な英語を使ってメールなら10個の文、話す場合は30秒ぐらいでまとめること。

自己紹介がいい感じになってきたらフリートークのコツもつかんでみてね!

あ、仕事で使うちゃんとした自己紹介のレッスンにおススメのオンライン英会話はこれねちょっと厳しいけど↓


【関連記事】

知ってるだけでどんどん話せる!英会話のフリートークのコツ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。