1. ホーム
  2. スクールの選び方
  3. ≫在宅 英会話講師とオフィス勤務の英会話講師の違いを3つ解説するよ

在宅 英会話講師とオフィス勤務の英会話講師の違いを3つ解説するよ

学生の時に英語を勉強する機会は多いですが、実は社会人になってからも英語を勉強したいと考える人は増えています。

ビジネスのグローバル化が進んでいますから、英語の必要性はさらに高まっており、会社からも英語力を見に着けるように促されることが多いようで、ビジネス英語を学びたいという方増えていると実感しています。

英会話学校に通うのは面倒であり費用も高いということから、スカイプを使った英会話教室が人気になっています。

スカイプでの英会話は大きく分けると講師の勤務形態によって「在宅」と「オフィス勤務」の2つがあります。

在宅の英会話講師とオフィス勤務の英会話講師はそもそも何が違うの?

スカイプを使ったものには講師がオフィス勤務のものと、在宅勤務のものがあります。

オフィス勤務は決められた場所に出社するとパソコン設備が整っているので、会社に通勤するのと変わりがありません。通信トラブルや音声トラブルもありませんし、講師が休んでも別の講師が担当してくれるので安心です。

そして、自宅で設備を整えている在宅勤務は、決められた時間がなく、生徒がレッスンを受けたいという時に対応している、もしくは自分がレッスンができる日を提示して、その日に申し込んできた生徒のレッスンを行えます。

わざわざ出勤する必要がなく、家事や子育ての合間にレッスンできるので効率的なので利用する講師が多いのが特徴です。

在宅の英会話講師はレッスンも適当なのか?

在宅の英会話レッスンは、講師が一人しかいないので、ドタキャンされるのではないかとか、適当な内容の授業内容になるのではないかと思われがちです。

しかし、最近は講師の教育もしっかりしており、生徒が身に着けたい英語のレベルに応じて、レッスンを行うようにしている講師も多く柔軟性があると感じています。

能力以上の授業を行っても身に付かないので時間もお金も無駄になってしまいます。しかし在宅の場合は、講師と生徒の関係性がより密接になるので、生徒が求めている能力まで高めるように計画を立てやすく、必要な英会話が身に付くように促せると感じている講師も多いようです。

スカイプ英語の生徒で多いのは、ビジネス英語を学びたいという会社員で、一般的な英語の言い回しとビジネス英語では異なることがあります。

ビジネス英語はちょっとしたニュアンスの違いで誤解を与えてしまうと、仕事に大きな影響が出るので、そこのところを配慮して教えるようにしているようです。会社が終わった後や休日など、授業を行う時間についても考慮して行っている講師が多いです。

【関連記事】

【詳しすぎる口コミ】ビズメイツ(bizmates)レビューと評価

講師から見たら在宅とオフィス勤務のどっちがオススメ?

友人のスカイプ英語の講師に聞いてみたところ、オフィス勤務の英会話講師よりも、在宅で行う方がオススメなようです。その理由は、レッスンをしていない時間は自宅で家事や子育てをするなど自分のために時間を使うことができるからです。

さいきんでは自宅のインターネット環境もブロードバンドになっているので音声や映像トラブルが起きることも少ないです。そして自由な時間にレッスンができるので、夜間や早朝の依頼を受けたときは、料金に時間外手当がつくことがあるので、より高い給料を得られることになるからです。

講師の立場からみても自宅で自由にレッスンできるというレッスン環境から、優秀な講師は在宅での勤務を希望する傾向があるのかもしれません。

在宅勤務の講師でも最高レベルのレッスンが受けられるスカイプ英語はこちら

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。