1. ホーム
  2. 英会話TIPS
  3. ≫これは失敗したと思う英語学習法TOP3

これは失敗したと思う英語学習法TOP3

【関連記事】

【買ってはいけない英語教材!】医師が教える科学的英語勉強法講義はおススメできるか?

【買ってはいけないリスニング教材】30日間英語脳育成プログラムのレビューと感想

ハム美です。

英語は義務教育の必須科目とあり、きちんと勉強して覚えればスラスラと英会話ができるようになりそうですが、実際には全くしゃべれない、覚えてもすぐに忘れてしまう場合が殆どです。

学生時代の教科書通りの学習方法では無理だからと別の英会話学習法を利用して実際に行ってみたものの、それでも失敗してしまうことが日常茶飯事です。そんな失敗しがちな英会話学習法について3種類を厳選して紹介しますので、これから英会話、英語を学ぼうと考えている人は参考にしてみてください。

1つ目の失敗した英語学習法は洋画を見たり小説を見る方法

学ぼうとする場合、英語にとにかく触れる機会を多く作れば覚えられると考えがちですが、実践してもあまり十分な効果がなかったのが、洋画を見たり、小説や漫画を読むという学習方法です。意外ですが、これが最も失敗したと感じた学習法です。

日本のテレビで放送されたり、DVDやブルーレイディスクで発売されている映画は吹き替え版がありますが、字幕版であれば英語音声でも視聴することができます。英語音声だけでは理解が難しいものの、日本語の字幕があれば意味が理解できるのがメリットです。
しかし、英語音声の英会話学習法は初心者向けではありません。ある程度英語の理解が進んでいる人でなければ活かすことは難しいでしょう。

また、映画の英語は作品によってレベルがかなり違いますので、英語を殆ど理解できていない人が初心者向けの映画を選ぶのは困難を極めます。古い時代の映画を選んでしまうと、今現在では使われていないような言い回しがあるため、実用的ではない英語を覚えてしまう心配があります。
映画で起こる問題は小説や漫画でも一緒です。小説は映画の字幕のように日本語が書かれていませんから、かなり難易度の高い学習法です。

 

日本の漫画が翻訳されたものならまだハードルは低そうですし、この手の学習法がすすめられてはいますが、漫画の内容によっては学習に身が入らなくなることがありますので、注意してください。

2番目に失敗した英語学習法はリスニング

2番目に失敗したと思った英会話学習法として、リスニングがあります。リスニングは英会話を学ぶにはとても良い学習方法のように感じますが、内容によっては身につかずに終わってしまう場合が少なくありません。

聞き流すだけの学習方法があるものの、英語があまりにも無機質であることから、つまらなく感じてしまうのが問題です。

正しい文法で綺麗な英語に仕上がっていたとしても、教科書的な内容だとその言葉に思いがこもっていませんので、覚えたいという気持ちが薄れてしまって続けることが出来ず、途中でやめてしまうようになります。

 

英語学習に限った話ではありませんが、楽しみながらできる学習方法を選ぶと覚えやすいという特徴を持っています。つまらない内容のリスニングを行ったとしても、これではいつになっても学習意欲が湧いてこないでしょう。

失敗した英語学習法の3つめは留学

国内で学習するよりも、現地に赴いて日常的に英会話に触れる機会を得た方が身につきそうだと、留学を目指す人は多いでしょうが、留学も失敗しがちな3種類の内の1つです。

留学はお金がかかりますし、日本での生活に戻る必要があるため、あまり長期にわたって留学できないとなれば、短期留学を選ばざるを得ません。ですが、あまり英会話を理解していない状態でいきなり外国に行き、短期間で理解しようとしてもまず無理です。

 

必要最低限の英会話ができることがまず重要です。ホームステイをする際には必須条件だといえますが、これが出来ていないとホームステイ先の人達から信頼されなくなる恐れがあります。

 

理解できない状態で周囲が英語を話す環境にいれば、かなりのストレスを感じてしまいます。上手にストレス発散ができる人でなければ、覚える前に諦めて帰国する結果になりがちなのが失敗しやすい理由です。

以上失敗したと思う英語学習法TOP3でした!

【関連記事】

【買ってはいけない英語教材!】医師が教える科学的英語勉強法講義はおススメできるか?

【買ってはいけないリスニング教材】30日間英語脳育成プログラムのレビューと感想

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。